• 信心銘 (7) 「縁を忘ず」
    (原文)得失是非 一時放卻 眼若不眠 諸夢自除 心若不異 萬法一如 一如體玄 兀爾忘縁 萬法齊觀 歸復自然 泯其所以 不可方比止動無動 動止無止 兩既不成 一何有爾(読み下し)(私訳)得るとか、捨てるとか、正しいとか、間違っているとか、一切をいっぺんに放り出しなさい。そうして眠らず眼を開いているならば、一切の夢物語は自ずから除かれる。心にもし異なりがなければ、すべてのものは、一如である。一如とは、...