• 修行の工夫
    「あるがまま」で生きるための、修行はどうすれば良いのだろうか。森田療法の趣旨は、「症状をあるがままに受け入れて、なすべきことをなす」と簡潔に言い表せる。「それができないから苦しんでいるんでしょう」とは、もっともな話である。それでも。「ヒントのヒの字もない」、というのがもっとも親切な言い方になる。...