• 無所住心について、森田正馬の誤り。
    森田療法で、「無所住心」という言葉が用いられることがあります。まず、森田正馬自身の説明を引用します。 無所住心 私たちの健康な注意作用について考えると、禅に「まさに無所住にして、その心を生ずべし」という言葉がある。無所住心とは、私たちの注意がある一点に固着、集注することなく、しかも全精神が常に活動して、注意の緊張があまねくゆきわたっている状態であろう。この状態にあって、私たちははじめて事に触れ、物...
  • 猿沢池
    うつすとも水は思はずうつるとも月は思はず猿沢の池          玄雄これは 柳生宗厳(号は石舟斎)が、子弟に遺した 秘剣の極意歌だそうです。見るということの、真相がここには表されているように思われますが、皆様はいかがでしょうか。...
  • 自由
    自由とは獨立獨行なり奉仕さるゝを願はざる處(ところ)に自由あり   森田形外  昭和二年七月自分の行動と、その結果の一切に、責任を負える。自分の行為の一切に、自分が責任を持つこと。そこに究極の自由はある。責任を逃れることに、費やされれる人生は、牢獄だ。「自立」は、痛みを伴うし、責任を伴う。その痛みを、責任を、自分以外の誰に取ってもらおうと願えるものか。そんなことは、神ですら、できない相談なのだ。自...
  • 治すのは如来のわざでござる
    最近、森田療法に関心のある人も含めて、会う人によく話していることがあるのですが、なかなか「そうだ」と肯定される人がいません。悔しいので、ブログに書いておきます。というのは、こういう話です。(うつ病で、ご本人の希望により薬物療法を行わず、環境調整と精神療法のみで寛解した方がいました。)患者さんになんで治ったんでしょう? と聞くと、「さあ・・・わかりません」こっち(治療者)も、なんで治ったのか? う~...
  • 苦痛・煩悶の離脱のふたつの場合
    かのデュボア氏などの説得法のように、理論的説明に重きをおいて、患者に対して「病に対する恐怖を念頭より去るべし」とか、「自信を起こせ」とか、「医者を信じろ」とか言うのは、世間一般に言う言葉であって、単に常識的方法に過ぎない。例えば、悲しい時に嬉しく思えとか、空腹のときに満腹の感じを起こせと強要するのと同様である。そもそもわれわれの精神の活動は自然の現象であって、人為によってこれを自由にすることのでき...