スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨済のあるがまま

師(臨済)は上堂して言った、
「この肉体上に一無位の真人あって、常にお前たちの面門より出入している。
 未だこれを見届けておらぬ者は、さあ見よ!見よ!」。
その時、一人の僧が進み出て問うた、
「その無位の真人とは、いったい何者ですか?」。
師は席を下りて、僧の胸倉をつかまえて言った、
「さあ言え!言え!」。
その僧はもたついた。
師は僧を突き放して、
「無位の真人がなんとまあ、カッチカチの糞の棒だな!」
と言うと、さっと方丈(居間)に帰った。

(臨済録 上堂3)


ピチピチとした「無位の真人」のハタラキ、それが常に我々の面門(六感)に出入りしている、臨済はその常住ならざるあり様をそのまま体現しているかのようだ。
臨済録」を読むと、その息吹に圧倒される。

「無位の真人」。何のランク付けもない、真実のありよう。
良いでも悪いでもない、善でも悪でも、聖でも凡でも、真でも偽でも、上でも下でも同等でもない。
それは変化しない普遍の真理ととらえられた瞬間、「無位の真人」は、「カチカチに乾いた糞の棒」と言われる。

臨済は、またある時は、
「あらゆる場に臨んで滞らず、十方世界を貫いて三界に自由。一切の個別の世界に入りつつ、少しの影響も受けぬ」と面前で説法を聴いている者たちに向かって、君たちこそが無位の真人に他ならぬと言う。

臨済といえば「無位の真人」と言われるくらい有名な言葉だが、臨済録で「無位の真人」という言葉が出てくるのは、ここ一ヵ所だけのようである。後世においてこの「無位の真人」という言葉は有名になり、一人歩きするようになったようだ。

原典を見てみるに、「乾屎橛(乾いた糞の棒)」とは、「無位の真人」などという余計な概念を立ててしまった臨済自身にも放たれた響きも感じられ面白い。

「無位の真人」は、「無依の道人」とも言われ、臨済は、ほかではこの表現を多く用いた。

しかしやはりそのような状態に、どうすればなれるのか、考えてしまうのが人間である。

臨済は、「無事是れ貴人(きにん)、但だ造作すること莫(なか)れ。祇(た)だ是れ平常なれ。」
ただ、「つくりごとをするな」、「あるがままであれ」と言う。

また師いわく、
(わしの説く法の心は、)凡の世界にも聖の世界にも入り、
浄土にも穢土にも入り、
真実の世界にも凡俗の世界にも入る。
それでいて真俗凡聖の枠付けをすることができない。
諸君、ここのところがわかれば、その場その場で用い、枠付けに一切とらわれぬ。
これが玄旨(奥義)というものだ。   (示衆3)
(君たちその人が、)実は形もなく姿もなく、根もなく本もなく、
場所も持たずに、ピチピチと躍動していることを見て取ることだ。
その人(真人・道人)が発動するさまざまの方便はすべて、
働きとしての跡かたを一切とどめぬ。
だから追えば追うほど遠ざかり、求めれば求めるほど逸れていく。
ここが摩訶不思議というものだ。   (示衆6)

「働きとしての跡かたを一切とどめない」ものとしてこそ、我々は今ここに存在する。
それは、「存在」という言葉さえそぐわないような、圧倒的なリアリティーだ。

「真人」を「道人」と言い換えたのは、「真」という一極を立てる表現を嫌ったのかもしれない。
「より良く」を目指して工夫するなら、表現はその場その場に応じて、変化してやまない。

つかみどころのないものを、つかむことなく、そのまま感じる、浴びる。そして、ほとばしらせる。
言葉づらに、とらわれてはいけない。

臨済義玄像

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

禅の真意

不立文字
教外別伝
直指人心
見性成仏

会話

A 「自分を救うのは、自分しかいない。」

B 「“自分”が残っている限りは、救われない。」

A 「わたしは、わたしが幸せであることを望んでいる。」

B 「あなたの親しい人が苦しんでいるのに、あなた一人が幸せであるなどということがあろうか?」

A 「それはない。」

B 「では、あなたと親しくない人々が苦しんでいて、あなたとあなたの親しい人たちだけが幸せであるなどということがあろうか?」

A 「それもない。」

B 「では、生きとし生けるものが幸せであって、私が幸せである。これが望みではないのか、さらに言えば、生きとし生けるものが、幸せであること。これがあなたの望み、言うなれば真正の望みではないのか?」

A 「理屈としてはわかる。しかし、それは、わたしのこころの事実ではない。わたしのこころの事実は、世界で一番かわいいのは、他でもないこのわたしの身である。わたしは、他の生命と、このわたしとの比較を、差を乗り越えてはいない。」

B 「善いことだ、善いことだ、あなたがあなたのこころの事実のありのままを正しくみることは。まさにそのことこそが、“自分”を残さない道なのだ。」

A 「わたしの“こころの事実のありのままを正しくみる”ことが、どうして“道”になるのか?」

B 「あなたがそれを正しく、ありのままに、怠ることなく、ただ一心にみつづけるならば、あなたの“こころの事実”は、とらえどころのないものだと知る。“とらえどころのないもの”を、ひとつのもののようにとらえて動揺することが、不満足を生み出す原因に他ならないと、あなたはやがて知る。“とらえどころのないもの”をとらえどころのないものであると明らかに知って、とらわれずにいるとき、不満の起こる余地が無くなる。それが、“自分”を乗り越え、“生きとし生けるもの”を乗り越え、ただ幸せを望んで専心して生きる“道”そのものとなるのである。」

会話

A 「雨露をしのぐ家を建ててください、暑さ寒さがつらいのです。」

B 「暑ければ暑いまま、寒ければ寒いままであれば、雨が降ろうが嵐が吹こうが、心は平安です。」

A 「・・・・。(だめだこりゃ)」

会話

A 「生きる上で、何が大事なのか、わからなくなってきました。お金を稼ぐこと、人の役に立つこと、悟りを開くこと、そんなことに何の意味があるというんでしょう。いったい、何が大事なんですか?」

B 「あなた一人が幸せになることです。世界の中で、たった一人、あなた自身が幸福であることです。」

A 「幸せとは何ですか。」

B 「空気のようなものです。それがあるときは、あるとわからないのです。」

・・・。

A 「このマンガ、どう思いますか?」

・・・。

B 「いいですね。」
プロフィール

kugla

Author:kugla
マインドフルネス、森田療法、仏教、禅と精神医学

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。