FC2ブログ

煩悩が存在するがゆえに、この世界は存在する

煩悩や苦悩が存在するがゆえに、この世界は存在する。
煩悩が消えたとき、苦しみも憂いも、そして喜びも美しさも、ともに消える。
そのような時節を、どのように覚知するのか。

それはどのような説明も超えている。
口のきけない者が、夢を見たかのごとく、ただおのずから知るのみである。
しかしそれを覚知した者として、生じた私には、人間の愚かしさが、無明が、煩悩が、この美醜・聖俗・愛憎を内包した世界の存在を生じせしめているという理解がある。
それが、苦悩することも憂うることもないチンパンジーと私の違いなのだろう、と思う。

その理解ゆえに、他の苦しみが自の苦しみと異ならないという「同事」や、慈悲というハタラキが、自然と出てくるようになるのである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kugla

Author:kugla
マインドフルネス、森田療法、仏教、禅と精神医学

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR