FC2ブログ

念仏

「念仏の実践は 大空に風の吹き抜ける如くであれよ」

鈴木大拙


念仏だけではありません。
虚空が空を打つ。
一切の行いはそのように行われます。
虚空が空を打つ。
そのようにして森羅万象が、現れています。

体得とは何か

「体得」について、今去来した言葉を好き勝手に記しておきます。



  1. 誰が体得するのか
  2. いつ体得するのか
  3. どこで体得するのか
  4. 何を体得するのか
  5. 誰と体得するのか
  6. どのように体得するのか
  7. 何が体得を妨げるのか
  8. 体得してどうなるのか
  9. 体得する意味はあるのか
  10. 体得した人のあり方とはどのようなものか
  11. とどのつまり、体得とは何なのか



  1. 誰も体得しない。体得には、「誰」という中心がない。
  2. 今において体得するよりほかにないが、「今」という時間軸も認められない。
  3. この身が覚知できる、一切の現象においてであるから、定まった場所ではない。まさに「どこででも」。
  4. 「何を」と限定できるものではない。体得は、主格・目的格の喪失である。
  5. 体得において自己がないのと同様に他者もない。一切が自己である。
  6. 体得を妨げるものがなければ、「おのずから」「かくのごとし」である。
  7. 「かくあるべし」が体得を妨げる。「かくある事実」が見えないのである。
  8. もとに戻る。「体得」さえも面倒ごとである。
  9. 平和になる。意味を求めて争う必要はない。
  10. その人自身で問題がなく、目の前の人自身で問題がない。
  11. 以上のような言葉遊びは、入り込む余地がない。



言葉は言葉です。
「体得」が先。言葉はあとです。
騙されませんように。

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

プロフィール

kugla

Author:kugla
マインドフルネス、森田療法、仏教、禅と精神医学

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR