FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念仏

「念仏の実践は 大空に風の吹き抜ける如くであれよ」

鈴木大拙


念仏だけではありません。
虚空が空を打つ。
一切の行いはそのように行われます。
虚空が空を打つ。
そのようにして森羅万象が、現れています。
スポンサーサイト

「地獄は一定すみかぞかし」 ─ 親鸞上人の信心

(念仏への信仰が揺らぎ、ひょっとしたら極楽往生の道が他にあるのではないか、と訪ねて来た人々に問われて)

【前略】

親鸞においては、「ただ念仏して、弥陀にお助けいただくべし」と、よき人(法然上人)の仰せをそのままに、信ずるほかに、何にもないのだ。

念仏は、本当に浄土に生まれるたねなのだろうか?、あるいは地獄に堕ちる業なのであろうか?
…そんなことはまったくもってわしの知るところではない。

この親鸞、たとえ法然上人にだまされておって、念仏して地獄に堕ちたとしても、後悔などは微塵もない。

なぜといって、念仏以外の修行に励めば仏になれたはずの身が、
念仏を申したばかりに地獄に堕ちたというのであれば、「だましておられたのか!」という悔いもあろう。

しかし、どのような修行も効果が及び難いような(わしのような)身であれば、
どう足掻いてみたところで、地獄こそ定まったすみかなんじゃよ。

【中略】

要するに、愚身(わし)の信心というものは、この通りなのだ。

【後略】

<歎異抄 第二章 地獄は一定すみかぞかし・現代訳>


自身を「愚か」と言ってはばからなかった親鸞さん。

「知らざるを知らずとなす、これ知るなり」の徹底が信心ともいえる。


森田正馬は、これを逆に「不可能を可能のごとく思い惑う、これ愚者のこととなり」という。

般若心経の「転倒夢想」というやつである。

ちなみに可能を不可能のごとく思い惑うのも、また愚者である。


そうしてみれば、どうだろう。


神様、私にお与えください。

自分に変えられないものを、受け入れられる落ち着きを。

変えられるものは、変えていく勇気を。

そして2つのものを、見わけられる賢さを。

 (ラインホルド・ニーバー 「平安の祈り」)


この「平安の祈り」も同様の味わいが感じられないだろうか。

変えられないものを変えられないものと知る、変えられるものを変えられると知る、その「賢さ」は、「私」からくるものではない。

「私」のなせることのなさ、「私」の愚かさというものを認めきり、「私」を手放した、神仏の世界からくるものである。


プロフィール

kugla

Author:kugla
マインドフルネス、森田療法、仏教、禅と精神医学

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。